カート
アイテム
素材別
読みもの
ガイド

まな板・カッティングボード



木のまな板
女子

木のまな板ってなんで調理師やプロのひとに使われてるの?

檜のまな板
男子

刃当り、切れ味がいい。音がいい。食材が滑りにくい。包丁の傷がついても復元する。正しいメンテで清潔に保てる。など!



3商品

このまな板の特徴

・ 国産材(山梨県産檜)です。集成材は一切使っていません。 ・ 無垢材無塗装です。ニス、ラッカー、オイルは一切塗っておりません。 ・ 無垢材のため、木材の反りや傷が生じる(すでに生じている)場合がありますが、使用上とくに問題ありません。

まな板のメンテナンスについて

カビ対策。木のまな板のメンテナンス

無垢のまな板は正しいメンテナンスでいつまでも清潔にお使いいただけます。

野菜を切ったあとなら水でさっと洗い、キッチンの片隅などに「立てかけます」。

生肉や生魚を使ったあとならタワシなどでこすってしっかり汚れを落としてから水でよく洗い流し、熱湯消毒やアルコール消毒を行い、キッチンの片隅に「立てかけます」。アルコールを吹き付けた後は、しばらくたって清潔な布巾で拭き取ります。なお、肉片や汚れが残っている状態で熱湯をかけたり消毒すると、タンパク質が残って木質に染みこみ、そこから雑菌が繁殖しますので、必ずよく洗って汚れを落としてください。

「立てかける」ことがもっとも大事です。濡れたままにするとどうしてもカビが生えてしまいます。とくに梅雨時などはすぐにカビます。製材したてのヒノキなら多少濡れたまま放置してもカビは生えにくいのですが、それでも年月が経てばヒノキの効果も減っていきます。毎回使ったら、すぐに風通しのいい場所に立てかけることをぜひ習慣になさってください。

毎回のご使用前に水に濡らす

木のまな板は使う前に表面を水で濡らすと、食材のニオイや油などのシミがつきにくくなります。

乾燥機に入れない、直射日光に当てない

木のまな板を乾燥機に入れないでください。割れや大きな反りの原因となります。また、直射日光に当てないでください。

漂白剤は使わないでください

漂白剤は使わないでください。変色や黒ずみが起こります。

鍋敷きに使わないでください

ついつい鍋敷きとして使いたくなりますが、木のまな板の上に調理後の熱い鍋を置かないでください。鍋の痕が黒く残り、その部分がのちのちカビます。また割れ、反りの原因となります。

使用上の注意

・足に落としたり、お子様等が角に顔や頭などをぶつけると、怪我につながる恐れがありますのでご注意ください。なお、本製品で生じた事故・怪我等について当方は一切責任を負いませんので、ご了承下さい。 ・商品製作、発送には細心の注意を払っていますが、万一、通常のご使用範囲で破損、材の大きな割れなどが生じましたら、ご連絡ください。